2012年08月14日

網野式動詞フォーカス中国語入門 中国語 教材 ランキング比較


リスニング教材を使って、移動時間などを使って聞き流しているものの、学習効果がほとんどなかったとしても、

勉強の視点を少し変えるだけで、同じ移動時間を使った勉強なのに、どんどん理解できる範囲が上がっていきます。




学生の時の英語の勉強のころから、語学の学習には、とにかく苦手意識が付きまとっていたとしても、

中国で読み書きができることが自然と広がっていき、会話力も短期間で同時に上がっていきます。





勉強法が悪ければ、いくら時間をかけたとしても、思うようなスキルアップをすることはできませんが、

その逆に、勉強法が良ければ、少ない学習時間でも、どんどん中国語会話力を伸ばすことは可能です。



要は、日本語と中国語の違いを知り、それを理解したうえで勉強できるかどうかが大きな分かれ道となり、

中国の文章の根幹的な部分さえわかってしまえば、あとはどんどん応用力を付けながら勉強をしていくだけです。






ca07.jpg

忙しい毎日の中で、勉強に貴重な時間を割くことなく中国語の語学力をどんどん挙げていくにはこちら





posted by アミノチヨコ at 01:15| 網野智世子 評判 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。